大気汚染防止法の改正案が閣議決定

   大気汚染防止法の改正案が閣議決定されました。アスベストの飛散防止に対しての規制強化を盛り込んでいます。
c0232085_15302735.jpg
  3月29日、大気汚染防止法の改正案が閣議決定しました。同法では、アスベストの飛散防止を図るため、建築物の解体工事等に対する規制を講じています。しかし「アスベストが飛散している」「アスベスト使用の有無の事前調査が不十分」「発注者が飛散防止措置の必要性を十分認識しないまま施工を求めている」などの事例がみられることから改正することになりました。
c0232085_1534674.jpg
  環境省では、遅くとも2014年度上期をメドに施行する考えです。主な改正点は、以下のとおりです。
c0232085_1535088.jpg
 1)アスベストの飛散を伴う解体等工事の実施の届け出義務者を、施工者から発注者に
   変更
 2)工事の受注者に、アスベスト使用の有無の事前調査の実施と、発注者への調査結果
   の説明を義務付け(アスベストが使用されていないことが明らかな建物は除く)
 3)都道府県知事等による立ち入り検査の対象に解体工事等にかかる建築物を加え、ま
   た報告の対象として発注者または自主施工者を加える
c0232085_15421084.jpg
★今回の写真は、事務所近所の寺院の木鼻狛です。材質は不明ですが、阿吽の形状で石の柱に取り付けられています。普通に見られる木鼻彫刻と異なって、非常に現代的で可愛らしい物です。
 木鼻(きばな)とは、「木の先端」という意味の「木端(きばな)」が転じて「木鼻」に書き換えられたものです。頭貫(かしらぬき)などの水平材(横木)が柱から突き出した部分に施された彫刻などの装飾をいいます。木鼻は中国から伝わったと考えら、神社や寺院では、本殿や堂の 入り口の柱に木鼻をとりつけます。
 本来は切って捨ててしまう部材ですので、構造的には何ら関係がなく、どんな形状にしようとも問題なく自由で、そこが棟梁の腕の振るいどころでしょうね…!!
[PR]
by folgate | 2013-06-02 16:00 | その他色々
<< 厚生労働省への予算要求ハガキを... 5.24首都圏建設アスベスト訴... >>