<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日建連、全建が適正化の動き

   太田国交相の要請を受け…日建連、全建が適正化の動き
 
  日本建設業連合会(日建連)は4月25日、2013年度定時総会・理事会を開き、13年度公共工事設計労務単価の引き上げに呼応した業界の行動として、「適切な価格での下請契約の締結」「適正な受注活動の実施」「就労管理システムの構築」の3点を柱とする「技能労働者の適正な賃金の確保」を決めました。
c0232085_23495257.jpg
  あわせて「民間工事における適正な受注活動の徹底」も決議。民間工事でいわゆるダンピング抑止の努力と適正価格の受注を求めるのは初めてで、会員への通知よりも重い「決議」とする極めて異例の対応となりました。
  また全国建設業協会(全建)は4月26日、理事会を開き、「ダンピングを厳に慎むこと」や「下請けに適切な水準の賃金を支払うこと」などを柱とした「公共事業の適切な執行に関する緊急決議」をまとめました。
c0232085_235422.jpg
  これらは、4月18日に太田国土交通大臣が建設業界4団体に要請をおこなったのを受けてのもの。適正価格での受注や適正水準の賃金支払いに建設業全体で取り組む体制が整い始めたといえます。
c0232085_23543088.jpg
 今回の写真は友人の展覧会会場でのものです。金徳姫 陶芸展…非日常…に行って来ましたので、ちょっとご紹介しますね。金さんは古くからの友人で、写真2枚目の様に素敵で可愛い方です。作品も素敵な物が多のですが、今回は残念ながら一部しかご紹介出来ません。何時も案内状を頂くと時間が許せば伺って、作品を拝見しながら、お喋りを楽しんでくるのです。
c0232085_075822.jpg
  会場は事務所から地下鉄で一駅の麻布十番なので、歩いても行ける距離です。土曜日の午後遅く、別の用事がてら伺って楽しい一時を過ごして来ました。会場のAzabujuban Galleryの前は時々通るのですが、入ったのは今回が始めて、現代美術向きのシンプル&モダンなギャラリーです。会期は24日(月)迄ですが、お近くにお越しの時は是非覗きに行って下さいね。
 一番下は金さんとギャラリーの石毛教子さんです。この後、石毛さんお薦めのトークイベントに行きましたので、このイベントについては次回ご紹介しますね。乞うご期待…!!
c0232085_0311783.jpg
               金徳姫 陶芸展…非日常… 
  ●2013年6月19日(水)~6月24日(月)  ●11:00~19:00(最終日は17:00)
                       ◆金徳姫さんプロフィール
                       1994年 韓国梨花女子大学校・同大学院卒業
                       1999年 多摩美術大学工芸科研究生
                       2005年 東京芸術大学工芸科博士課程満期終了
 
Azabujuban Gallery
    〒106-0045 東京都港区麻布十番1-7-2エスポワール麻布102
                                    TEL/FAX 03-5411-3900
都営地下鉄・大江戸線「麻布十番駅」7番出口から徒歩1分
東京メトロ南北線「麻布十番駅」4番出口から徒歩4分
          
           詳しくはHPをご覧ください⇒Azabujuban Gallery
[PR]
by folgate | 2013-06-23 01:17 | その他色々

腰痛・ひざ痛予防改善講習会

 労働安全対策部・東京建設シルバー会 共催
             腰痛・ひざ痛予防改善講習会                                                     
                         原因としくみを理解し、適切な予防を…!!

  腰痛は日本では最も多く、生涯で8割以上の方が症状を訴える痛みです。腰痛患者の8割は原因が特定されず、治療を続けても完治が難しいと云われています。
c0232085_17315988.jpg
 建設従事者にも腰痛発症者は多く、職業病にもとらえられがちですが、労災認定となると非常に難しいのが現状です。
 今回は「東健国保」より保健師の方をお招きし、ひざ痛を含め、その予防や少しでも痛みを和らげる対処法などをご講演頂きます。組合員やその家族の方なら参加いただけますので、是非お申し込み下さい。
c0232085_17342549.jpg
●日時:7月20(土)午後1時30分より 
●場所:東京建設会館3階会議室
●定員:40人(定員になり次第終了)
●参加費:無料
●講義:「腰痛・ひざ痛の原因としくみ」「予防・改善」「労災との因果関係」など
●締め切:7月10日(水)
●申込先:東京都建設組合事務局・松本さん&シルバー会会員の方は世話人まで
       ★申込書持参かFAXにてお申込み下さい。
●問合せ先:組合事務局  TEL:03-3768-2233 FAX:03-3785-4756
c0232085_17421271.jpg
青空によく似合うのがレンガ造りの建造物…1枚目と3枚目は共に、公園内にある建物です。そして真ん中のネコさんは、公園の一角にあるカフェの入口にいるのです。いつも可愛いこのブロンズのネコさんがお出迎えしてくれるので、ついつい入ってしまうんです。
 3枚目の写真がカフェの横手です。ネコさんが写っていますので、見付けて下さいね!梅雨の晴れ間の一時、散策のついでに、こんなカフェで過ごすのも素敵ですよね。
[PR]
by folgate | 2013-06-19 17:57 | 講習会など

規矩術講習会…2013年度生徒大募集!

 規矩術と木造建築士が基礎から学べます… 
    規矩術講習会開催!2013年度生徒大募集                                                                           
                        全建総連総連東京都連規矩術推進委員会
c0232085_23481640.jpg
  全建総連総連東京都連規矩術推進委員会は、本年度も「規矩術講習会」を開催致します。この講習会は、規矩術を基礎から学ぶ講座で、道具の使い方、木造建築士、垂木、棒隅木の作成実習など、初心者~中級者の方を対象としています。
c0232085_00422.jpg
  初心者の方でも、講師陣が丁寧に完成まで指導しますので心配不要です!この機会に「規矩術の基礎」から改めて勉強してみませんか!?また、授業カリキュラムも追加され、「木造建築士(学科)」についても学び、技術・技能の向上と仕事確保に役立てます。
 みなさんの積極的なご参加をお待ちしています。
c0232085_014718.jpg
●日時:2013年8月25日(日)~2014年2月16日(日)
  ※月2回程度、日曜日に講習を行います。(9:00~16:00)≪全15回≫
  ※参加ご希望の35歳以下の方は、2014年4月~7月に開催予定の東京建設主催
    の「規矩術勉強会」にも参加する事が出来ます。
●場所:全建総連総連会館(新宿高田馬場2ー7-15)
c0232085_015545.jpg
●内容:「講義」①木造建築士 ②規矩術の基礎 ③勾・殳・玄法 ④勾配について、他
     「実習」①道具の作り方・使い方 ②垂木 ③棒隅木 ④四方転び踏み台、他
●参加費:無料(テキスト・材料費含む)※実習道具は各自ご用意ください。
●参加条件:組合員の方なら、職種・年齢・性別に関係なく、どなたでも参加できます。
●申込&問い合わせ先:東京都建設組合 技術対策部 山田さんまで
                   〒142-0053 品川区中延4-7-3 
                   TEL:03-3786-2233 FAX:03-3785-4756 
c0232085_0431226.jpg
  今回は梅雨を彩る紫陽花。晴天時に撮ったので、しっとりとした風情が感じられません…。紫陽花には色々な園芸品種があり、西洋アジサイも美しい品種が沢山出回っています。その中でオーソドックスな萼紫陽花(ガクアジサイ)と、花弁が丸くて、色彩が渦のようになっている渦紫陽花(うずあじさい)をUPしました。
 装飾花がはらりと広がる美しいガクアジサイ…写真のものは中心の両性花が青や薄い水色、それに藤色のつぼみで、そこに白に近い淡黄の花が開いて、とっても可愛いでしょ…!うずあじさいには別名が色々あって、おたふくあじさい・おかめ・梅花咲と呼ばれています。種類は紫(青)種と赤種があります。
 アジサイは簡単にドライフラワーになるので、花後もず~っと楽しめます…これって一種のリサイクルかも知れませんよね…(笑)
[PR]
by folgate | 2013-06-14 01:24 | 講習会など

2013年度、5月の賃金アンケート

 全建総連・東京都連から、今年も5月の賃金調査票が届いています。4月末組織人員の25%を目安に各支部に配布されましたので、五反田支部では45枚が目標枚数となっています。
c0232085_0214466.jpg
  調査用紙は6月5日の支部会議で、各分会長に配布しました。無記名&簡単なアンケートですので、是非ご協力をお願い致します。
c0232085_0314722.jpg
 五反田支部では毎回、本部への提出枚数が非常に少ないので、1枚でも多く集めたいと思っています。事業主用(茶色の字体)と、労働者・職人・一人親方用(緑の字体)が両面になっていますので、記入の際は間違えないようにご注意下さい。
c0232085_0361029.jpg
  記入が終わったら、記入した面が内側になるよう二つ折りにし、のり付けをして分会長に提出して下さい。支部で集めた調査票は7月15日(月)までに本部へ提出します。
c0232085_0434392.jpg
今回はブロンズ製のフクロウの彫像です。仕事先側の階段の上にいて、何だか「ここから下り階段だから、注意してね…!!」と、教えてくれているみたいですよ!?
 近年屋外のブロンズ彫刻に関して、酸性雨 による影響が社会的関心を引いています。酸性雨や野鳥の排泄物などによる退化を防ぐため、対策処理がどうしても必要になって来ますよね!!
[PR]
by folgate | 2013-06-08 00:56 | お願い

厚生労働省への予算要求ハガキを書こう!

           平成26年度・政府予算の概算要求に向けた      
      厚生労働省への予算要求ハガキを、みんなで書きましょう!!
c0232085_2383861.jpg
  いつも組合活動にご協力頂きまして、ありがとうございます。みなさんご存じのように、昨年12月の総選挙の結果、政権交代となり、さらに今年7月には参議院議員選挙が行われます。
 また、社会保障改革推進法に基づき、「社会保障制度改革国民会議」が設置され、8月21日まで社会保障制度の諸施策が具体的に検討されます。
c0232085_23152594.jpg
  国保組合への補助制度についても、この改革の一つに盛り込まれており、所得水準の高い国保組合を中心に定率補助をゼロにするなどの法案が、来年の通常国会にも提出されようとしているなど、今後国保組合への補助金確保に向けた積極的な運動が必要です。
  私たち建設労働者には建設国保が欠かせない存在だということを、厚生労働省に訴えるためにも、今年度もハガキ要請行動を行いますので、大変お忙しい中とは思いますが、ご協力頂きますようお願い致します。
c0232085_23244558.jpg
  東京建設では、組合人員の2倍以上を目標にしていますので、ハガキは1組合員2枚以上、各家庭で家族ぐるみで取り組みましょう。みなさんの出したハガキの力は、大きく生かされます。仲間が出したハガキは、厚労省の担当官が1枚1枚点検し、山のように積み上げられたハガキは、予算要求の力となります。
c0232085_23384865.jpg
  ハガキは1シートに4枚あります。シートには文例が載っていますので、参考にしながら思いを込めて記入しましょう!五反田支部には140シートが割り当てられています。支部で集約したハガキは、7月3日(水)の中央総決起大会までに本部へ提出し、7月4日(水)以降に本部で集中投函します。

今回は、仕事に向かう途中に立ち寄った、とある神社の写真です。正面は参詣の人々で混み合っていましたが、神殿の背後に廻り込んで見ると人気は途絶え、うら寂しい風景が広がっていました。神殿を取り巻く敷居越に覗き込んでみると、微かな風が木々を揺らし神殿の壁面に幾重にも影を落としていました。独特な雰囲気があったので撮影してみました。
[PR]
by folgate | 2013-06-05 00:04 | お願い

大気汚染防止法の改正案が閣議決定

   大気汚染防止法の改正案が閣議決定されました。アスベストの飛散防止に対しての規制強化を盛り込んでいます。
c0232085_15302735.jpg
  3月29日、大気汚染防止法の改正案が閣議決定しました。同法では、アスベストの飛散防止を図るため、建築物の解体工事等に対する規制を講じています。しかし「アスベストが飛散している」「アスベスト使用の有無の事前調査が不十分」「発注者が飛散防止措置の必要性を十分認識しないまま施工を求めている」などの事例がみられることから改正することになりました。
c0232085_1534674.jpg
  環境省では、遅くとも2014年度上期をメドに施行する考えです。主な改正点は、以下のとおりです。
c0232085_1535088.jpg
 1)アスベストの飛散を伴う解体等工事の実施の届け出義務者を、施工者から発注者に
   変更
 2)工事の受注者に、アスベスト使用の有無の事前調査の実施と、発注者への調査結果
   の説明を義務付け(アスベストが使用されていないことが明らかな建物は除く)
 3)都道府県知事等による立ち入り検査の対象に解体工事等にかかる建築物を加え、ま
   た報告の対象として発注者または自主施工者を加える
c0232085_15421084.jpg
★今回の写真は、事務所近所の寺院の木鼻狛です。材質は不明ですが、阿吽の形状で石の柱に取り付けられています。普通に見られる木鼻彫刻と異なって、非常に現代的で可愛らしい物です。
 木鼻(きばな)とは、「木の先端」という意味の「木端(きばな)」が転じて「木鼻」に書き換えられたものです。頭貫(かしらぬき)などの水平材(横木)が柱から突き出した部分に施された彫刻などの装飾をいいます。木鼻は中国から伝わったと考えら、神社や寺院では、本殿や堂の 入り口の柱に木鼻をとりつけます。
 本来は切って捨ててしまう部材ですので、構造的には何ら関係がなく、どんな形状にしようとも問題なく自由で、そこが棟梁の腕の振るいどころでしょうね…!!
[PR]
by folgate | 2013-06-02 16:00 | その他色々